秋散歩

二週続けて山に登っていたけど、今週は大人しく。
でも、家でゴロゴロしている方が体がだるい。

天気が良いので公園を散歩しました。



いつの間にか、近所も秋の装いです。

スポンサーサイト

味噌出来た~♪

冬に高熱を出しながら仕込んだ味噌。
梅雨の頃に一度、天地返しという全体を混ぜる作業をしないといけなかったのを、どのタイミングでやるか迷ううちにすっかり忘れていましたが、8ヶ月寝かせて出来ました!



ちゃんと味噌です。
美味しいです♪

10ヶ月寝かせるとか、1年熟成させるとか、いろんな説があるので
使う分だけ出しながら熟成させてみようと思います。

上蒜山

秋晴れの日、日本二百名山のひとつ蒜山に登りました。

上蒜山は山頂の展望がないそうなので、まずは8合目を目指します。




登山口まででも既に絶景です。

牧場を通過して登山口に入ると、いきなり急坂!



キツいけど、まだまだ元気に樹林帯を抜けると空が開けます!



あの上まで行ったら到着ね♪と…

直射日光にさらされながら急坂を登りきると、また同じ景色が…


振り返ると



紅葉と絶景。

緩な稜線と急坂の登りを繰り返す。
確かにだんだんと高い所に登っている…だけど
太陽も近づいて、日差しを遮るものがない登山道は暑くて。

先日の吾妻山が寒かったせいで、山はもう寒いと決めつけた服装で登っていたので…
もう何度稜線と急坂を越えたかわからないぐらいヘロヘロに。
あまりに辛くて、もうここで引き返そうと思うのに、目の前の急坂をあと少しだけ登ったら8合目のはず!と頑張ってしまう。

本当にもうムリ…と思った時に、下山してきたご夫婦が
「すぐそこが8合目よ。大山がキレイに見えるよ!がんばって!」と声をかけてくれて。

到着!
もうフラフラで、草の上に倒れこむ



空がキレイ!

しばらく休んで山頂饅頭。



今回はバウムクーヘン♪
中蒜山を眺めながら。



ゆっくりしている間に大山には雲がかかってきました。

しばらく休んで、西陽に向かって下山開始。

当たり前なんだけど、登るときと同じで、急坂を下りて少し緩な稜線を何度も繰り返す。
テンポを作れないでヨロヨロと下山。
休憩しても日差しがキツくて休まらない。
暑くてペットボトルの水がぬるま湯になってる。
あまりのツラさに「登山はもうやめよう。山なんか二度と登らないぞ!」と考えてて。

水もすっかりなくなって、やっと駐車場に到着。

何とか開いていた道の駅で蕎麦を食べて休憩。
体力も少し回復して、大山を眺めながら帰路につきました。

服装が間違いだったね、ちゃんと揃えないとね。
水をもっと持ってないといけんかったね。しかも保冷でね。
反省点沢山です。

次は近所の山にしておこうと、結局また登る気になっている…

猫ら

寒くなりはじめたけど、相変わらずの猫ら。





コルシカミントが枯れたプランターを掘ってくれたのはショックだった…

糞害はなくなったと思ったけど、油断するとやられます。

そば祭

もてぎに向かう途中の駒ヶ岳SAで、
流石信州!SAでも新そばだって♪と思っていた時に近くから聞こえてきた会話「松本でそば祭やってるって…」

なんですと?!
それは行かねば!

というわけで、
早朝から霧ヶ峰に登った後は、松本城へと向かいました。

何とか大混雑前に到着。

まずは、とにかくそばをいただきます♪



ひすいそば。
色が少し緑色。美味しかった!





パンフレットを見て行く店を決めて、分け合いながら食べ歩く。

上手く行列から逃れて回れたねー♪と話していて気づいたのは、出雲そばに長蛇の列が…

そう、全国のそばが集まっているお祭りなので、皆さん他の地方のそばがお目当てだったのね。
私たちは信州だけめぐったので空いていたらしい。
確かに長蛇になっている店は信州以外でした。

そばに満足した後は、会場を見て回って、松本城も眺めました。




急に決まった旅でしたが、今の好みをギュっと詰め込んだ素晴らしい旅でした。


今回は夫と運転を交代しながらだったので、私も800キロぐらい運転したよー♪

百名山!

もてぎまで行くのなら、何処かで少しでも遊べないだろうか?と。
いろいろ考えるうちに「日本百名山で一番簡単に山頂に立てる山」という文句とともに霧ヶ峰が出て来ました。
今回の通るルート上にあり、これは行ってみよう!行くしかない!と
レース翌日は朝から霧ヶ峰に。

雨に降られながら、ちゃんと宿に泊まりたいと思い(温泉に入って車中泊の予定だった)サーキットから宿を探して予約。
スマホって便利ー!
白樺湖近くの宿に泊まりました。

翌日は朝から快晴!
霧ヶ峰に向かうビーナスラインからの景色が一気にテンションを上げてくれました。



あの上に登るよ!

登山口には既に人も多くて、しっかり登山装備の人や、スカートにスニーカーの人までいろいろ。
しかし、とにかく寒い!

私たちはジーパンにダウンジャケット、登山靴。
今回は一応防寒を意識した装備だったけど、帽子や手袋も必要な寒さでした。

緩やかな登山道を登ると、ビーナスラインから見るより更に絶景が見渡せます。



富士山が見える!

急ぎ足で登って、写真を撮って。
40分で山頂に到着。

山頂からは360°ぐるりと名山が連なります。

が、風が強くて寒い!
次の予定もあるので、名残惜しいながらも急いで下山。

今度は山頂だけでなく、もっとゆっくり、ぐるっとめぐりに来ようと思いました。

雨のサーキット

職場の方の心遣いもあって、久しぶりにmotoGP観戦にもてぎへ行ってきました!

3連休初日、朝出発。
車でおよそ900キロの道程です。

一日かけてたどり着いて、
明けてレースは朝から雨。



サーキットも霧が出て、午前中から予定されていた走行もイベントも次々と中止になります。

コレクションホールを見に行ったりして時間を潰し、雨なので食べ物も気が進まない。
中で柚子サイダー♪



美味しかった!

レースも中止かな?と思い始めた頃に雨足が弱まり、短縮しながら無事にレースは開催されました。

雨のサーキットは大変だけど、
まあ、行ってよかったねと言えるくらい楽しめました。


渋皮染め

ありがたいことに栗をいただきました。
栗と言えば栗ご飯と渋皮煮。

まずは一応、すべての栗の鬼皮を慎重に剥きます。
どうしても、いくつか渋皮に傷をつけてしまう物が出るので、これを栗ご飯にする。
上手に剥けた時は形の揃わないものからご飯行き。
キレイに剥けたのを渋皮煮。

美味しく栗ご飯をいただいて、今回は渋皮煮が面倒くさいと思ってしまって暫し停滞。

ここで一年前の栗をいただいた頃を思い出す。
いつも通り栗ご飯と渋皮煮にして、、渋皮煮の捨てる煮汁の色がキレイで、これで染めることが出来ないだろうかと思って煮汁を瓶に移してしばらく保存していました。
…結局染めるものが見つからなくて断念。取っていた煮汁は捨てました。

そう、栗ってどんな色に染まるんだろう?

調べたら、鬼皮はベージュ。鉄媒染なら深みのあるグレー。
…ふーん、それはそれで気になる…

しかし、渋皮煮の煮汁でピンクに染まると!これ、結構やっている人多い。

私、ピンクに染めたくて実験中なので、こりゃ渋皮染液を取らなければ!と、渋皮煮に取りかかる気になる。

そして、染液しか興味のないテンションで渋皮煮が完成。
(甘味が極端に少ない…)

そして渋皮染めを早速。



ピンクベージュ?
これはこれでステキな色!


吾妻山

紅葉がはじまったばかりの吾妻山へ登りました。

午前中に登山口スタート。
思っていたよりとても寒くて、軽装しか用意していなかった事をとても後悔。
登山者も多め。やっぱり皆さんウインドブレーカーなど着てて、明らかに私らだけ薄着。
まあ、登りだしたら暑くなるさ!と気合いで登山開始です。
(真似してはいけません)

去年は結局登らなかったので、2年ぶりの吾妻山。



景色が良くて、やっぱり好きな山だなぁと思いながら登りました。

山頂では、他の登山者さんが四国の石鎚山が見えてるよと教えてくれまた。

写真だと雲しか見えないので、写真のせませんが。


山頂まんじゅうは、途中の道の駅で買ったリンゴケーキ♪



しっとりおいしかった!

山頂密度も高いので、山頂まんじゅうでエネルギー補給したらさっさと下山。



紅葉しはじめの山を見下ろしながらなだらかに下ります。

途中で出会ったご夫婦に、花の名前を少し教えてもらいました。


トリカブト。
初めて見た。



ヤマラッキョウ


マツムシソウ
吾妻山のみどころだそうです。
登山口付近で沢山咲いていて、原っぱがほんのり紫色でキレイでした。



ほぼ登山口まで戻ったところで振り返った山頂。

登山シーズンは秋なのねぇと感じた吾妻山でした。


畑の様子

秋です。
畑の大豆を見に行きました。

全滅です

長雨のせいか、手入れをしなかったせいか、「枝豆」と表示の種を買ったので、本当に枝豆以降の発育が保証されない品種だったのか。
その全部かもしれないけど、枝豆までは順調に育っていたのでショックでした。

一緒に植えた黒豆は、今のところ順調(?)いや、実の付が悪い気がする…



畑の綿花は今が花盛りで。
遅い時期に咲いたコットンボールは開かないで終了するらしい…
けど、すでについてるコットンボールもあるので、いくつかは収穫できるかな。

こまめに手入れをしなかったから、仕方ない結果になりました。



コットンボール!

結局あんまり大きく育たなくて、花の後には枯れはじめた様にも見えた綿花。
我が家周辺に植えたものがはじけていました!



しばらく置いてフワフワになったら収穫です。

ひとつでも!と願っていたので感動です。


と、ここまで昨夜書いて下書保存していたら、今日はどしゃ降りの雨。
コットンボールが開いたら雨対策で袋を被せるとかなんとか見た様な…
せっかく開いたらコットンボール、ずぶ濡れています。

大丈夫かな?

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

*かおる

Author:*かおる
♪雑貨を手作りしていますSwankyStreetです♪

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR