スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上蒜山

秋晴れの日、日本二百名山のひとつ蒜山に登りました。

上蒜山は山頂の展望がないそうなので、まずは8合目を目指します。




登山口まででも既に絶景です。

牧場を通過して登山口に入ると、いきなり急坂!



キツいけど、まだまだ元気に樹林帯を抜けると空が開けます!



あの上まで行ったら到着ね♪と…

直射日光にさらされながら急坂を登りきると、また同じ景色が…


振り返ると



紅葉と絶景。

緩な稜線と急坂の登りを繰り返す。
確かにだんだんと高い所に登っている…だけど
太陽も近づいて、日差しを遮るものがない登山道は暑くて。

先日の吾妻山が寒かったせいで、山はもう寒いと決めつけた服装で登っていたので…
もう何度稜線と急坂を越えたかわからないぐらいヘロヘロに。
あまりに辛くて、もうここで引き返そうと思うのに、目の前の急坂をあと少しだけ登ったら8合目のはず!と頑張ってしまう。

本当にもうムリ…と思った時に、下山してきたご夫婦が
「すぐそこが8合目よ。大山がキレイに見えるよ!がんばって!」と声をかけてくれて。

到着!
もうフラフラで、草の上に倒れこむ



空がキレイ!

しばらく休んで山頂饅頭。



今回はバウムクーヘン♪
中蒜山を眺めながら。



ゆっくりしている間に大山には雲がかかってきました。

しばらく休んで、西陽に向かって下山開始。

当たり前なんだけど、登るときと同じで、急坂を下りて少し緩な稜線を何度も繰り返す。
テンポを作れないでヨロヨロと下山。
休憩しても日差しがキツくて休まらない。
暑くてペットボトルの水がぬるま湯になってる。
あまりのツラさに「登山はもうやめよう。山なんか二度と登らないぞ!」と考えてて。

水もすっかりなくなって、やっと駐車場に到着。

何とか開いていた道の駅で蕎麦を食べて休憩。
体力も少し回復して、大山を眺めながら帰路につきました。

服装が間違いだったね、ちゃんと揃えないとね。
水をもっと持ってないといけんかったね。しかも保冷でね。
反省点沢山です。

次は近所の山にしておこうと、結局また登る気になっている…

関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

*かおる

Author:*かおる
♪雑貨を手作りしていますSwankyStreetです♪

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。